卒業式におすすめの袴とは?

袴の正しい保管方法

袴の正しい保管方法 袴は洋服のように毎日着用するというものでもないので、きれいに保管しておかないとすぐにシワができてしまいます。
では保管方法はどうすればよいのかというと、洋服と同じように保管していると型崩れしてしまう恐れがあるので、袴は部位ごとに素材が違うので、その特徴をきちんと理解してから、その状況に合わせて洗濯をしたりするという事が大切になります。
袴は特に湿気やカビに弱いので、たんすに保管する場合はこれらに気をつける事が重要です。
なるべく密閉できる空間を作り出し、乾燥を最優先させることが何より必要です。
他にも保管する時の注意点はあります。
たたむとしわになりやすいので、可能であれば下の部分はロングスカート用のハンガーにかけてシワが付かないようにするのが良いのですが、ハンガーにかけておくスペースがないという場合は、なるべくシワにならないように袴をふわっとさせながら保管すると良いです。
上の部分は着物と同じようにきちんとたたんで箱の中に入れておくのがベストです。
上は汚れや汗が付きやすいので、箱に保管する前にしっかりと選択をして汚れを取っておく必要があります。

袴の綺麗なたたみ方

袴はヒダがあり、きれいにたたむのは難しいです。
しかしたたみ方の順番を覚えて慣れてしまえばきれいにたたむ事が出来るようになります。
ではきれいにたたむ流れはどうなっているのかというと、まず袴の中の仕切りをかたが付いている側に沿って折り、腰板と前のヒダの部分を真ん中にそろえます。
折り方は好きなように折ってもいいのですが、はじめから折り目が付いているのでそれにあわせたほうがきれいに折れます。
次に、床に置いたまま後ろのヒダを合わせて裾の部分をそろえ、裏返します。
上手に出来ない場合は、裾の部分を洗濯ばさみではさみながらやると乱れることなく簡単に裏返す事が出来ます。
裏返したら、前ヒダを真ん中から折れ目にあわせながら折っていきます。
はじめのうちは折れ目もきれいについていますが、長く使っているとだんだん折れ目が分かりにくくなってくるので、その場合は自分の判断で決めて大丈夫です。
前ヒダをそろえたら、両端の部分をたたんでいきます。
両端を内側に折り曲げ、まっすぐになり感じで折るときれいに出来ます。
折れたら、裾側から腰坂に向かってたたんでいきます。
たためたら、裏返して前紐を折り込んでいき、斜めに重ねていきます。
そしてあまった後ろ紐を前紐に合わせて、斜めにかけてまとめるように紐を一周させます。
最後にあまった紐の部分を折って、先ほど一周させた紐の隙間部分に通せばこれで終了となります。