袴の年齢制限について

袴の年齢制限について

袴の年齢制限について 袴というと成人式・卒業式など若い女性が着るイメージが一般的になっています。
しかしながら、もともとは男性の正装であり、女性には平安時代から宮仕えでしか着られることはなかったものです。
明治になってようやく宮中の外出着として採用されました。
その後、明治時代・昭和時代頃、女学校での制服として採用されました。
女子学生が活動しやすいようにということでです。
その風習が現代に息づいているため、袴といえば女性であり、しかも若い女性ではないと着れないという年齢制限が人々の間に広まったのです。
しかしながら、袴にはもともと年齢制限も男女の制限もありません。
足さばきもよく動きやすくなるため、和装を好む方であれば卒業式イメージを考えず、もっと普段着として活用してもよいのです。
実際、卒業式に子供だけでなく、先生が着ているケースもあるのです。
卒業式などでは上に着る着物や髪型を華やかにする代わりに袴は地味なものが多いですが、実際にはさまざまな柄があるので、さまざまな年齢で楽しむことができます。

巫女が着用する緋袴とは

巫女は日本の神社や一部のお寺で神様・仏様に仕える女性として働く人々です。
尤も最近では年末年始のシーズンになるとアルバイトとして雇うということが一般化していますので必ずしも神職であるというわけではないのですが、本来的には神職であることは間違いありません。
この巫女が着用する装束の中でも特に目を引くのが緋色に染め上げられた緋袴ですが、実はこの袴は大変面白い歴史を持っています。
特に面白いのが現代では「緋袴と言うと巫女さんだ」というイメージが広くあるのに対して、かつてはファッションの一部として見られていたこともあったということです。
平安時代ころにはベニバナから作られる美しい緋色が女性に広く受け入れられ、公式の場でも着用してくる人がいたほどに愛されていたのです。
尤も赤は火災を連想させる、ベニバナは高価なものであることなどもあって禁止令がたびたび出されたのですが、当時の女性は知ったことかと言わんばかりに着用していたと伝えられています。
もちろん現代では巫女装束のイメージが非常に強いのが緋袴ですから普段着として着用していると怪訝な顔をされるでしょうが、歴史的にみると平安時代の女性にとっての流行のファッションだったのです。